離婚調停と弁護士

離婚は夫婦間の話し合いだけでは解決しない場合が多く、そういった場合は弁護士に相談することをおすすめします。弁護士の仕事としては、この離婚に関するものが意外と多く、離婚に際してトラブルとなるケースがいかに多いかを物語っているとも言えます。離婚は、夫婦間で話し合う協議離婚が好ましいのですが、中には話し合いができず、離婚調停の申し立てとなるケースがあります。

離婚調停の場合、一人で手続きを行うこともできますが、やはり弁護士に依頼するほうが様々な面でメリットがあります。まずは、手続き上の不備やミスがなくなります。これにより、余計な時間を取られることなく、スムーズに調停が進むのです。また、精神的な負担もかなり軽減されます。そして、やむを得ない理由がある場合は、調停を弁護士に任せ休むこともできます。

また、離婚調停でも離婚の合意が得られない場合は裁判にまで発展してしまいます。裁判ともなると、やはり弁護士の力が必要となりますので、前後の流れを把握する上でも、調停の時点から弁護士に依頼しておいたほうがいいでしょう。さらに、裁判では尋問がありますので、自分の正当性を主張するためにも、弁護士の存在は大きいと言えるのです。


離婚の際のトラブル

離婚を決意した夫婦が、そのままスムーズに離婚できるとは限りません。離婚にはトラブルがつきものなのです。では、離婚の際のトラブルとしてはどのようなものが多いのでしょう。まずはお金に関してのトラブルです。慰謝料や財産分与、年金分割や婚姻費用の負担など、離婚に際しては金銭と感情がもつれ、離婚の話し合いがまとまらないことが多いのです。

次に子供の問題です。子どもの親権や、その養育費がまず大きな問題点となります。そして、離婚後に子どもと会えるのかどうかという点も争いの原因となるのです。ただ、これは子どもを第一に考えた解決策を模索する必要があり、夫婦の感情で左右すべき問題ではありません。

そして、離婚後にトラブルとなりやすい原因として多くみられるのが、浮気や不倫などの男女間の問題があります。別居や内縁といった問題や国際離婚や熟年離婚など、様々なトラブルがあり、調停にまでもつれることも珍しくはありません。こうした離婚トラブルは、夫婦同士が直接話し合っても、解決に繋がることはほとんどないのです。こうした場合は、弁護士に相談することで、スムーズに離婚が進むようになります。離婚も法律に沿って処理されますので、離婚トラブルは弁護士という法律の専門家を間に挟むのがいいでしょう。


離婚する夫婦と原因

3組に1組が離婚しているという統計もあるほど、日本の離婚率は高く、そしてそれに伴う離婚トラブルも多く発生しています。離婚の原因としては、性格の不一致が最も多く、また浮気や暴力などもあります。他にも、精神的な暴力やいわゆるモラハラと言われるもの、子どもへの無関心、義理の両親との関係や浪費癖などが挙げられます。こういった原因は、結婚前には分からないケースが多く、結婚してから後悔するケースが多いのです。

また、離婚率の高い夫婦の特徴としては、若年層に多く見られる、子どもができてから結婚した夫婦や、夫が単身赴任をしている夫婦、そして国際結婚をした夫婦や、近年増えてきている熟年夫婦の離婚といったものがあります。

いわゆるできちゃった婚の場合は、互いに未熟な部分があり、現実の結婚生活から逃避してしまい、単身赴任の場合は、婚姻関係自体の意味が分からなくなり、そこから破たんしてしまうことになります。そして国際結婚は文化の違いや言葉の壁が大きく立ちはだかり、熟年離婚の場合は、子どもが成人となり、改めて自分の人生を考えた上で決意することが多いのです。このように離婚には様々な原因や理由があり、それぞれにトラブルを抱えているのです。


離婚トラブルは弁護士に

結婚したからといって、その関係がいつまでも続くわけではありません。3組に1組が離婚すると言われるほど、日本の離婚率は高いのです。離婚の理由は様々で、性格の不一致や暴力、親族との関係などがあります。こういった原因は結婚前に事前に分かっていればいいのですが、なかなか分からないものです。こうして離婚することが決まり、双方での話し合いとなるのですが、金銭面や親権が絡んでくるとこの話し合いがもつれてしまうことにもなります。

離婚がスムーズにいかないことは多いものです。養育費や財産分与、結婚費用の負担などが大きな障害となり、感情のもつれも含め、泥沼化していくケースも珍しくはありません。こうなると、離婚は調停に持ち込まれることになりますが、その際、やはり個人で手続きを行うよりは、弁護士に相談することをおすすめします。調停離婚では、互いの主張を通そうとしますので、こういった場での経験が豊富でスキルのある弁護士を味方につけるほうが、離婚に向け物事がスムーズに運んでいくのです。

調停離婚でも決着しない場合は、裁判にまでもつれてしまいます。裁判ともなれば、当然のことながら弁護士を立てることになります。もちろん、話し合いで離婚する協議離婚が最も理想的ではありますが、金銭と感情のもつれはもはや当事者だけでの解決は無理です。精神的な負担も考えると、弁護士に依頼するのが賢明な手段でしょう。このサイトは弁護士の仕事と離婚トラブルについて説明します。